« 感覚の修正・動き偏 | トップページ | 感覚の修正・面での考え方 »

感覚の修正・注意すること

動きを作る上での見方。

解剖学用語である、矢状面・前額面・水平面をイメージしてトレーニングを行う。

この見方で行うことで動きがしっかりと出来ているかをみることが出来る。

これと捻れ動作も一緒にイメージが出来るようにしていきたい。

それぞれの面については、次回で。

|

« 感覚の修正・動き偏 | トップページ | 感覚の修正・面での考え方 »

ごっちの研究」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感覚の修正・注意すること:

« 感覚の修正・動き偏 | トップページ | 感覚の修正・面での考え方 »