« 感覚の修正・トレーニング編 | トップページ | 感覚の修正・動き偏 »

感覚の修正、関節の動き偏

怪我をしたり、良い感覚が出ないときにはよく見られることがある。

関節の動きが本来中心で使われないといけない筋肉がある。それが使われなくなり違う筋肉を使ってしまってしまうことがある。

違う筋肉を使ってしまうと筋肉に張りや痛みが出る。

腰が落ちたランニングフォームやX脚・O脚気味のランニングなども原因になる。

各一つの関節の動きを見てみるとよい。意外と使い方がおかしいときがあるので要注意。

判断が難しいので、専門家に見てもらうと良いかもしれない。

|

« 感覚の修正・トレーニング編 | トップページ | 感覚の修正・動き偏 »

ごっちの研究」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感覚の修正、関節の動き偏:

« 感覚の修正・トレーニング編 | トップページ | 感覚の修正・動き偏 »