« 感覚を覚えよう。 | トップページ | 感覚の修正・治療偏 »

感覚がおかしい時

練習してこんな感覚があれば調子がよいと分かった。

もし調子がよくない感じがあったときは、どう考えるか。

疲れが溜まっている場合。体のだるさや重さが原因で調子を崩すことがある。しっかりと休養すること。体重が減少しているときもなる可能性がある。生活リズムを見直すこと。

体がうまく使えない場合。これは、体の連動性が出来ない場合がある。このときは、ドリルというものを行うとよい。筋力不足で出来ない場合がある。本来使われないといけない筋肉が使われなくなって出来ないケースがある。これは、トレーニングを専門に見ている人に教えてもらう方がよい。

この原因の修正をくわしく述べたい。

|

« 感覚を覚えよう。 | トップページ | 感覚の修正・治療偏 »

ごっちの研究」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感覚がおかしい時:

« 感覚を覚えよう。 | トップページ | 感覚の修正・治療偏 »