« ぶーこから | トップページ | 治療上の最終目標 »

治療院での役割

運動を行っている人や芸能関係の人に対しては、ごっちは一言多い。

生まれ持ったものなので仕方がないと思う。なかなか変えられない。

患者さんは、ごっちのことをアナリストの感覚で見てもらいたい。鍼灸・マッサージ師の立場から見た発言として感じてもらいたい。

運用責任者は、患者その人である。

最終目標がパフォーマンス向上のためであれば、意見を参考にしてもらいたい。いくつかの意見を参考にすると間違えはないと思います。

|

« ぶーこから | トップページ | 治療上の最終目標 »

ごっちの研究」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 治療院での役割:

« ぶーこから | トップページ | 治療上の最終目標 »