« 受傷後の話1 | トップページ | 医療機関からの結果 »

受傷後の話

怪我をして医療機関にて診察を受けることを進めている。ある程度は、分かるが判断しずらいこともある。怪我を治す上で速い期間に診察を受けさせることで、リハビリの流れを決めるのに必要である、

医療機関での診察の理由としては、患部の状況把握、ヘルニアや骨折や神経痛などがあるかどうかを調べてもらう。全治の見通しは、どんな感じか。患部が炎症が治まってリハビリを行って、日常生活や競技復帰には、どのくらいかかるか。

医療機関にての診察は、ごっちにとっても参考にする。大切なこと。

よくあることで、医療機関ではっきりと原因が分からないケースがある。これについては、次回。

|

« 受傷後の話1 | トップページ | 医療機関からの結果 »

ごっちの研究」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 受傷後の話:

« 受傷後の話1 | トップページ | 医療機関からの結果 »