« 運動をする人に対して | トップページ | 受傷後の話 »

受傷後の話1

受傷後にしてもらいたいこと。

アイシングと医療機関での診察。

アイシングは、冷やすことで痛みを減少させることができ、また血管を収縮されることによって腫れや炎症をコントロールすることができます。出来れば、アイシングとアイシングを行わないことを交互に行う。時間は、長い時間を行えばよい。

交互に行うのは、経験上20~30分の間隔で長時間行えれば効果がある。重症度によって違うのでそこは注意。

アスリート以外の人手運動する人は、でできれば患部の圧迫と挙上ができればよい。会場に応急処置の道具を持っていければよい。

次は、受傷後の医療機関の活用。

|

« 運動をする人に対して | トップページ | 受傷後の話 »

ごっちの研究」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 受傷後の話1:

« 運動をする人に対して | トップページ | 受傷後の話 »