« 頑張れ船橋芝山陸上部 | トップページ | 為末大、侍ハードラーより「勝負強さの根源」2 »

為末大、侍ハードラーより「勝負強さの根源」より1

ぶーこは、南丹アスリートクラブという地域総合スポーツクラブでも陸上を指導している。小学生・中学生が約30人が会員で週一回活動している。

当クラブメンバーの中学生が、標準記録を破って全国大会に駒を進めた。そして本人の最終目標である400メートル全国大会出場。中学生の学校が京都府1位になり全国大会に駒を進めた。

ぶーこがその大会を観戦していた。

400メートルリレーは、4人のチーム力で走る。バトンパスの技術も必要である。ごっちは、せめて決勝に残るかなぁ程度しか思っていなかった。

ぶーこからのメールで、◎◎中、リレーで優勝しました。

ごっちも吃驚した。

ぶーこが帰ってきて一言。

アドバイスをして勝てる生徒は、なんで勝てるのだろうか。

為末大のブログ、侍ハードラーより「勝負強さの根源1・2」を読んだ。現役選手で世界で勝負する選手の考えが書いてあって面白かった。

読んでの解釈で、自己愛が強い人間は勝負に強いと書いてあった。(間違っていたらごめんなさい)

中学生の活躍を通して、アスリートを経験した部活の顧問をしているぶーことアスリートをトレーナーとして支えるごっちで勝負強さを考えてみたい。

|

« 頑張れ船橋芝山陸上部 | トップページ | 為末大、侍ハードラーより「勝負強さの根源」2 »

妻は、部活の顧問」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 為末大、侍ハードラーより「勝負強さの根源」より1:

« 頑張れ船橋芝山陸上部 | トップページ | 為末大、侍ハードラーより「勝負強さの根源」2 »