« 渋井陽子から見えること | トップページ | 人や歴史からみえる事 »

見方を変えると分かる事。

昨日、ぶーこは生徒を連れてある高校に練習に行った。そこの学校には、跳躍を教える先生がおり合同練習となった。

練習が終わって家に帰り、合同練習の話を聞いた。

野球部の練習が気になったらしい。ごっちにいろいろと報告してきた。それをごっちが目的などを説明した。

ぶーこは、さすがに甲子園を狙っている学校は違うと関心していた。また校庭の使い方も興味があったみたいである。

混合競技をしている生徒にアドバイスをしてすごく喜ばれたと報告した。ランニングにおける腕振りを指導したみたいである。

ここでごっちが思っている腕振りの練習方法をぶーこに提案。ぶーこも別の角度での練習方法を教えてくれた。どちらともこっちが正しいと主張した。

議論の余地があるが、意外とふだんと違った角度や出来事が練習方法や体の使い方を勉強するいい機会になることがある。

これをうまく生徒にフィードバックできるまで議論していきたい。

こんなことが以外と生徒を成長させることに大きく関わる事が多い。楽しんでディシカッションしていきたい。

|

« 渋井陽子から見えること | トップページ | 人や歴史からみえる事 »

妻は、部活の顧問」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見方を変えると分かる事。:

« 渋井陽子から見えること | トップページ | 人や歴史からみえる事 »