« ぶーこの生徒から | トップページ | ごっちから »

リハビリの流れ

生徒が張りや痛みを訴えたらどうするか。

急性なのが慢性なのか。ある動作などで急に痛みが出たか。だんだんと痛みが出たかで判断。

急性の場合は、経過を追う。経過日数を把握する。アイシングなどの処置を行う。

慢性の場合は、痛みが出る状況を再現する。柔軟性や筋力をチェックする。筋力に対しての判断は、荷重や重心移動や競技の専門性などを考慮する。

難しい話になってしまったが、いろいろな事考えて治療やリハビリを行っている。

|

« ぶーこの生徒から | トップページ | ごっちから »

ごっちの研究」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リハビリの流れ:

« ぶーこの生徒から | トップページ | ごっちから »