« 兎の眼 | トップページ | インターハイ 京都府大会 »

トレーニングの流れ

5月29日の続編

ぶーこの生徒が怪我や調子が悪いときには、面白いことに共通していることがある。

体の動きに対しての維持する筋力が不足しているケースがおおい。

その為に関節の動きが本来と違ってしまっているケース。

よく指導者から

「腕振りが小さいぞ」「肩に力が入っているぞ」「腰が落ちているぞ」など言われると思う。

これも実は筋力不足によることが原因である。そしてトレーニング方法のちょっとした違いで陥る。

これを次回また書いていく。

インターハイ府大会までわずか。とにかく生活のリズムを崩さず過すように。ではまた。

|

« 兎の眼 | トップページ | インターハイ 京都府大会 »

妻は、部活の顧問」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トレーニングの流れ:

« 兎の眼 | トップページ | インターハイ 京都府大会 »