« ゆっくりと走ろう | トップページ | 瀬古さんお疲れ様です »

ゆっくり走ろう、2

今回は、ジョガーがレースで記録を更新したいと考えている人向けです。

ある時に、ぶーにごっちが質問

ごっち:インターバルや距離走は、いつごろやるの?

ぶー:まずは、ゆっくりと距離を走る。細かい走る筋肉を作ってから距離走・

   インターバルを行っていく。

細かい筋肉は、ごっち流で解釈すれば臀部の筋群だと思う。記録の出すための練習では、効率よく動かせる筋肉・無駄のないバランスが必要になってくる。要は土台づくりであろう。

ゆっくり走ることで、記録が出るような練習に耐えられる筋肉を身につけよう。

高橋尚子もテレビなどで見るとウォーキングから身体を作っているみたいです。

少し練習計画を立てないと出来ないことですが、トライ&エラー・フィードバックの気持ちで検証してみてはいかがですか。結果報告をお待ちしております。

ぶーは、授業でのエアロビデビューに向けて頑張っております。本日は、放課後体育館でリハーサル。実際に音を使ってみないと分からない。と言っておりリハーサル敢行予定。ぶーに教わっている生徒諸君。リズム感の報告を待っている。

      

|

« ゆっくりと走ろう | トップページ | 瀬古さんお疲れ様です »

ランニングクリニック」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆっくり走ろう、2:

« ゆっくりと走ろう | トップページ | 瀬古さんお疲れ様です »