« 広島カープ | トップページ | 走り出したら? »

いつまでも生徒

朝の話

ぶー:今日、○○口先生の学校と合同練習をするから帰る時間は、遅くなるかもしれな

    い。

ごっち:分かった。自分も遅くなるので心配はしないで。

○○口先生は、ぶーが高校生のときの顧問である。今でも生徒と顧問の関係みたいである。とくにぶーにとっては、恐い存在みたいである。○○口先生が私達夫婦のことを心配してくださっている。

先生:おい、○村。朝飯・弁当をしっかり作っているか。

ぶー:はい、作らない時があります。

と答えたらしい。ごっちは、別に多少の嘘もと思ったが本人は言えないらしい。先生の前に行くと緊張するらしい。説教されたみたいである。

○○口先生へ

   先生のおかげで陸上を続けられて、今になりました。今度は、夫婦で陸上を愛する

   人を増やしていきたいと思います。ごっちは、想定内です。ぶーを見守ってください。

  

|

« 広島カープ | トップページ | 走り出したら? »

妻は、部活の顧問」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつまでも生徒:

« 広島カープ | トップページ | 走り出したら? »